お金は誰が出すのか

結婚指輪の予算について考える際に一つ問題となるのは、その指輪を誰が買うのかということです。自然と男性が全額負担するべきものだと考える方もいるかもしれません。実際に男性の方でもそれが自然なことだと思っている方が多いです。しかし、結婚指輪というのは二人のためのものなのです。本来の意味としては指輪というのは夫婦が互いに交換するものとして位置づけられています。相手にプレゼントをするという意味合いが込められているのです。このような考えから夫婦がお互いにお金を出し合って相手の分の指輪を買うというのが正しい方法であるという考え方もあります。

一方、婚約指輪の方についてはプロポーズをした人が買うというのが一般的となっています。こちらはよりプロポーズをした側の気持ちがこもったものとなるからです。一般的には男性がお金を負担することが多いでしょう。

結婚指輪の予算についてはお金に困っている方の場合は両親に出してもらうというケースもあるかもしれません。誰がお金を出すべきかというのには決まりはありません。しかし、二人の近いのための指輪という意味を考えるならば、お互いがお金を出し合って購入するのが一番良い方法となるでしょう。

About the author